こそだてヒーロー

使ってよかった育児グッズレビューや子育てのあれこれ書いてます。

妊娠中のトラブル

さびた釘を踏んでしまったら?!破傷風の危険があります!?

投稿日:

さびた釘って普通なかなか踏みませんよね。

 

でも踏んでしまいました。しかも妊娠中に・・・


今までくぎを踏んだ経験って・・・思い出せません。無いと思います。

なのにこんな時期に踏まなくってもいいのに・・・と落ち込みます。

 
というか痛いです!

 

 

なぜ釘を踏んでしまったのか

こっちが聞きたいのですが・・・

子供の幼稚園のお迎えに行くときに踏んでしまいました。

何回も歩いている普通の道です。

 

そもそもなんでそんなところにさびた釘が落ちているの?と疑問に思います・・・

実際踏んだのは「さびた釘」ではないように思います。

キリの先という感じでした。

なので、直径は1mm~2mmいかないぐらいです。

 

ラバー製のサンダルをはいていたので、簡単に貫通。

ぐさりと刺さりました。

サンダルから突き出ていた針は2センチぐらい。

足に何㎝刺さったかは不明ですが、かかとの中央あたりにぐさりと刺さりました。

 

痛いですよ~めちゃくちゃ痛いです。

しかも流血。

 

釘を踏んでしまった時の対処法その①

 

出血したら、血をしぼりだして出しましょう。

 

「ハンマーでたたく」のがいいという説もありますが、これはたたくことであえて出血させ、中に入った菌を出すためです。

とにかく出血させて中に入った菌を外に出しましょう!!

 

錆びたくぎには細菌がたくさんついています。

錆びたくぎを踏んでしまった時になりやすいのが、感染症である「破傷風」です。

 

破傷風とは?

破傷風菌は土壌の中におり、傷口から侵入する「破傷風菌」によって引き起こされる感染症です。破傷風菌が体内に入ると増殖し、体内で毒素を作りだします。

 

その毒素により、潜伏期間(3日~3週間)の後に神経がマヒし、「筋肉のけいれん」「口が開けにくくなる」といった初期症状が表れます。(あごや首のマヒ)

その後、全身の麻痺や呼吸困難などに移行し、最悪の場合死に至ってしまうとても怖い病気です。

潜伏期間が3日~なので、釘を踏んでからすぐには症状は現れません。

発展途上国で多く見られる症状ですが、先進国でも発症例はあります。

 

近年、日本では1 年間に約40 人の患者(致命率:約30%)が報告されているが、これらの患者の95%以上が30才以上といいます。

 

出産の時に、きちんと消毒されていなかったハサミでへその緒を切ったため、生まれてきたばかりの赤ちゃんが破傷風になってしまったという例もあるそうです。

現代の病院では消毒管理はしっかりされていると思いますので、その心配はないかと思います。

 

子供のころには三種混合の予防接種(現在は四種混合)で「破傷風」を予防する注射を打っているので安心ですが、ワクチンの効果は大体20歳ごろには効き目がなくなってしまいます。

とあるクリニックのHPを見たところ、20歳以上の方で、効き目が切れてしまった破傷風の予防接種は

3500円+消費税  摂取回数は3回  有効期間は10年

でした。

 

海外赴任や長期留学をする方が主に接種するようです。

 

釘を踏んでしまった時の対処法②

血を出したら、消毒をしましょう。

  • 傷口をきれいな水で洗い流す
  • マキロンなどで消毒をする
  • アルコール入りのウエットティッシュで拭く

といった方法があります。

 

釘を踏んでしまった時の対処法③

その日のうち、もしくは次の日の朝一で病院に行く。

 

「釘を踏んじゃった・・・どうしよう・・・」と悩んでいるより、さっさと病院に行ってしまったほうが安心だし楽です。

病院に行けば正しい処置をしてもらえます。

処置は症状や病院によってもまちまちだと思いますが、私の場合は

  • 破傷風が私の住んでいる地域で流行していない

という理由で「破傷風の心配はない」という判断が出されました。

消毒とデルモゾールGの薬を塗って、バンドエイドを貼って終了です。

代金は薬代を入れて1030円。

 

病院によっては薬を出されたり、予防接種を打つといった処置がなされるようですね。

 

ちなみに、釘を踏んだ時にいく病院は「外科」です。

 

まとめ

釘を踏んだら破傷風が怖い・・・と書きましたが実際、破傷風になる確率は低いかと思います。

ですが、絶対にならないということはありませんので、釘を踏んだらとにかく病院へ行きましょう!

 

痛みは2日間痛みが続きました。

3日目になり、ようやく普通に歩けるようになりましたが、かかとに重心を置くと傷みます。

腫れは全くありません。

まぁ、菌は大丈夫かな~という感じです。

 

破傷風は土いじりや釘を踏んだ場合にだけかかるものではありません。

たとえば、ペットや動物に噛まれた場合も破傷風の恐れがあるので注意が必要です。

 

 

 

 

-妊娠中のトラブル

Copyright© こそだてヒーロー , 2018 All Rights Reserved.