こそだてヒーロー

使ってよかった育児グッズレビューや子育てのあれこれ書いてます。

抱っこ紐 赤ちゃん用グッズ

【使用レポ】ベビーアンドミーのヒップシートキャリアは肩・腰が楽だし蒸れない抱っこ紐

投稿日:

突然ですが、抱っこひもに不満はありませんか?!

使い始めは「これイイ~買って大正解!」って思いますが、使い続けていると気になる点が出てくるんですよね。

 

ちなみに抱っこ紐の2大悩みはこれ

肩と腰が痛くなる(長時間のだっこができない)

夏場に蒸れる

 

この悩みって誰もが持つ悩みなのですが、もうどうしようもない悩みだと思っていました。そういうものだと思っていました。

しかし!

 

この悩みを解消したすごい抱っこ紐を見つけてしまいました。

それがこちら。

ベビーアンドミー ヒップシート キャリアです!

ベビーアンドミー ヒップシート

 

スポンサーリンク

 

ベビーアンドミーの抱っこひもでできること

  • 対面抱っこ
  • おんぶ
  • 前向き抱っこ
  • ヒップシートのみの使用で、子供を簡単にだっこできる

ベビーアンドミー ヒップシート

ヒップシート単体での使用で新生児から。

新生児用パッドを使うことで、4か月ごろ~使うことができます。

 

ベビーアンドミーの抱っこひもの詳細

ベビー&ミー抱っこ紐

こちらがベビーアンドミーの抱っこ紐の箱の中に入っているものです。

ヒップシート(腰ベルト)とキャリアパーツはわかれているので、自分でつなげる必要があります。

つけ方は説明書や公式サイトの動画で詳しく見ることができます。しかも簡単につけられますよ

ベビーアンドミー ヒップシート

 

 

こちらが抱っこ紐についているロゴと生地のアップです。

写真の抱っこひもはONE ORIGINALシリーズの「デニムインディゴ」です。

ベビーアンドミー ヒップシート

すっごいおしゃれでかわいいんですよ~。

 

ベルトカバーは白の柔らかい生地で、肌触りがとってもいいんです。

マジックテープで着け外しが可能です。

ベビーアンドミー ヒップシート

 

ベビーアンドミー ヒップシート

 

ベルトカバーをはずすと、フードの長さが調節ができるスナップが現れました。

ベビーアンドミー ヒップシート

ベビーアンドミー ヒップシート

スナップが4つ付いているので、長さを細かく調節ができます。

 

子供が寝てしまった時に頭をサポートしてくれるフードはストライプ柄で、これまたかわいいのです。

ベビーアンドミー ヒップシート

 

ベビーアンドミーの抱っこひものおすすめポイント

その1。ヒップシート

ベビーアンドミー ヒップシート

ベビーアンドミーの抱っこひもの一番の特徴といえば、「ヒップシート」です。

子供が座る部分はザラザラとした生地を使用していますので、ヒップシートから子どもが滑りにくくなっています。

ザラザラしていますが、子供の肌に刺激を与えるということはありません。

 

ヒップシートの中は発泡スチロールが入っています。

ベビーアンドミー ヒップシート

この発泡スチロールが子供をしっかり支えてくれます。

 

腰ベルトは太く、マジックテープとバックルの2重で固定しますので、ずれたりすることもありません。

ベビーアンドミー ヒップシート

 

腰ベルトのサイドにはポケットがついています。ちょうどスマホが入る大きさです。

ベビーアンドミー ヒップシート

 

チャック付きなのがうれしいですね。

ベビーアンドミー ヒップシート

 

このヒップシートは単体で使用することができます。

 

 

手で子供を支える必要がありますが、普通にだっこするのと比べたら、明らかに楽です!

ささっと子供を下すことができるので、ちょっとしたお散歩や、子供がすぐに歩きたがるときなどに便利です。

 

その2。蒸れない

抱っこ紐に「蒸れ」はつきものなのですが、ベビミの抱っこ紐は蒸れ対策があるんです。

それがこちら。

s-P5160135

子どもの背中にあたる部分がメッシュ生地になっています。

しかも、ただメッシュ生地というわけではありません!

 

外がわのファスナーを開けると・・・。

ベビーアンドミー ヒップシート

ベビーアンドミー ヒップシート

メッシュ生地だけにすることができますので、通気性が抜群!!!!

 

ファスナーを開けたところは写真のように丸めて止めることができますので、通気性を損ねることはありません。

ベビーアンドミー ヒップシート

これで夏場の暑さも軽減されますね

ベビーアンドミーの抱っこひもを使ってみた感想

ベビー&ミー抱っこ紐

初めてベビーアンドミーの抱っこ紐をつけてみたら、なんとまぁ肩の軽いこと!

今まで感じていた肩の重みをほとんど感じませんでした。

 

その分腰に負担が・・・という感じでもありません。

腰も楽なんですよ!

 

そして、腰の部分の太いベルトのおかげなのか。肩ベルトの設計のおかげなのか。背筋がピンとするんです。

姿勢がよくなるので、腰の負担も少なくなるのだと感じました。

 

長時間の抱っこも苦にならないし、何より、抱っこし終わって子供を下した時の疲労感をあまり感じなかったのには驚きました(*^^*)

 

ネットでの購入だと公式サイトか楽天で購入できます。アマゾンでは販売されていませんでした。

 

 

 

ベビミのヒップシートとアップリカのコランと比較してみました

私が今まで使っていたのはアップリカのコランです。

2012年ごろに購入したので、現在発売されているモデルとはだいぶ異なっていますが・・・。

 

重さは・・・?

2つの重さを比較してみました

ベビミ・・・ 約830g 

コラン・・・ 約570g

 

コランのほうが少し軽かったです。でもベビミのほうが重いとは感じませんでした。

 

私がコランよりベビミのほうがいいなって思う点
  • 肩にほぼ負担が無い
  • 腰にも負担をコランほど感じない
  • フードの位置が細かく調節できるので、子供が寝ているときの頭がぐらぐらしない

 

こちらがコランとベビミのスナップの位置です。

ベビーアンドミー ヒップシート

スナップの位置が全然違いますよね。

コランのほうはスナップの感覚が大きすぎて、ちょうどいい位置にフードが来てくれませんでした。

 

逆にベビミよりコランのほうが良かったっていう点もあります。

ベビー&ミーのここが気になる

ヒップシートがあるので、小さくたためないことが難点の抱っこ紐。

かさばると言ったらかさばりますが、普通の抱っこ紐もそこそこかさばりますので、個人的にはベビミの抱っこ紐の大きさは許容範囲なのです。

新モデルのONE-Sはヒップシートが小さくなっているので、すっごくいいと思います

 

私が気になるのはそこじゃなくて、腰につけたまま小さくできない点なんです!

 

今まで使っていたコランは畳めます。

腰につけたまままとめることができるので、抱っこ紐を使わない時は腰に巻いて、後ろに回していたんです。

こうすることで全然邪魔にはなりませんでした。

コラン

 

ベビミのヒップシートはこれができません。

腰から外して小さくたたんでバッグの中に入れることはできます。

腰から外して小さくたたみ、肩からかけることもできます。

 

んーでも、私がやりたいのは「腰につけたままたたむ」なんですよね。上記2つのやり方は、やっぱり邪魔に思ってしまいます。

 

スナップをつけようか、マジックテープをつけようか考えましたが・・・

試行錯誤の結果

 

肩ひも部分をフードカバーで包み、フードカバーをヒップシートとおなかの間にいれ、フードカバーを下から引っ張る

 

という結論に至りました。

こうすることで完全固定ではありませんが、肩ひもの部分をまとめることができました。

 

ベビー&ミーの抱っこ紐の種類

ベビー&ミーで発売されている抱っこひもは3種類

  • ONEのORIGINALシリーズ
  • ONEのLIGHTシリーズ
  • ONEのSGシリーズ

ですが、2018年7月1日より新モデルの

ONEーS

が発売されます。(ONE-SもORIGINAL、LIGHT、SGシリーズがあります。)

※現在は予約受付中です。

 

新シリーズのONE-Sは従来のものと比べて

  • ヒップシート台座がフィット感のある素材で、下腹部への圧迫感が軽減。
  • ヒップシートのサイズも小さくなり、スタイリッシュに着用できる。
  • 肩ベルトは柔らかさはそのままで、肩のラインにぴったり添う機能を強化。
  • 腰ベルトのバックルが小さくなり、軽い着け心地に。

という点が変更されています。

ヒップシートのサイズが小さくなっているのはとってもいい!

街中でみんなどんな抱っこひもを使っているかよく観察してみましたが、やっぱりエルゴが一番多かったですね~。

ベビミのヒップシートを使っている方も数人見かけました。 2歳前後の大きい子が抱っこされていました。

子供が大きくなるとほんとに重いんですよね・・・。

 

子供が重くて肩と腰がつらい!っていう方におすすめの抱っこ紐でした。

 

-抱っこ紐, 赤ちゃん用グッズ

Copyright© こそだてヒーロー , 2018 All Rights Reserved.